フロントガラス交換の基礎知識


    フロントガラスはどれも同じ?知っておきたいガラスの種類


    飛び石などによってフロントガラスにひびが入ったとき、ガラスを修理するか交換するかで恐らく迷われるでしょう。修理をする場合、費用は1万円前後からと、新品に交換するより費用を抑えることができますが、ひびが入っている場所や大きさにより、修理ができなかったり、修理をしても再度同じ場所からひびが入る可能性もあるため安心できません。そこで、今回は、フロントガラスを交換する際に覚えておきたいガラスの種類についてまとめてみました。



    フロントガラスのおススメは?


    フロントガラスといっても単純に一つしか選択肢がないわけではありません。さっそくですが、フロントガラスの種類をまとめてみました。大きく分けて4つに分けることができます。


    (1)純正品:新車時に装着されているガラスです。

    (2)国産品:純正品と比べ、30%ほど安く購入できる場合があります。純正品との違いは、自動車メーカーのロゴが刻印されているか、いないかの違いですので、純正品と同じ質を求めている方にはお勧めです。純正品と同じガラスメーカーの社外品を購入するのが一番良いでしょう。

    (3)海外品(輸入):ガラスの中では一番安く、コストを抑えたい方にお勧めです。ただ、ガラスの色が純正品と異なっていたり、歪んで見えたりと、それなりのリスクを負うことになるかもしれません。

    (4)高機能品:赤外線、紫外線をより多くカットしたり、断熱性などの機能が純正品より優れており、純正品プラスアルファーを求めている方にはお勧めです。


    このように、大きく分けると4つの種類に分類できるフロントガラスですが、新品に交換することを機会に、高機能品を装着されてみてもよいかもしれません。純正品よりも機能は優れていながら、価格の面ではそれほど大きな開きはないので、お得に購入できることもあります。


    新しい発想で生まれた次世代のフロントガラス
    参照HP:自動車のフロントガラス交換ならソーラーインパクト


news